スポンサーリンク

2016年6月22日の「スッキリ」

布袋寅泰が生出演しスタジオで

生パフォーマンスを披露しました。

デビューしてから35周年ということで

スッキリではBOOWY時代のことから

現在のロンドンでの生活など…

そしてビックアーティストからの

コメントもありで盛りだくさんの内容でした。

6月22日には

35周年アニバーサリーベストアルバム

「51Emotions-the best for the future-」

が発売されます。

布袋35周年 画像 出典:japan music network (3)
出典:Japan.music.Network

最後にスッキリでは布袋さんからの

コメントもありましたよ。

布袋寅泰が出演ということでスッキリ

始まって以来の男性陣がすっごい密度で

見に来ていたそうです!!

布袋寅泰のスッキリまとめ

世代を超えて愛される布袋の魅力を

スッキリでまとめていました。

① BOOWYから「ももクロ」まで
35年の幅広い経歴がすごい

② 世界が注目する
映画「KILL BILL」のテーマは
元々「新・仁義なき戦い。」のテーマだった

③ 2012年夏からは拠点をロンドンへ
あのイギー・ポップとも共演&コメントも!

(1)BOOWYからももクロまでの経歴

布袋寅泰のまとめとして

●1982年 BOOWYのギタリストとしてデビュー

●1988年BOOWY解散

ラストギグでは10万人動員しBOOWYの

音楽性やバンドスタイルは大きな影響を与える

●布袋寅泰 ソロ活動スタート

ヒット曲を連発し様々なアーティストの

プロデュースをする

2012年にはももクロの曲も手掛けていて

ジャンルを超えて楽曲を提供

布袋とももくろ画像 出典:m.sponichi.co.jp (2)
出典:m.sponichi.co.jp

とこんな感じでした。

(2)キルビルのテーマは元々「新・仁義なき戦い。」のテーマ

世界が注目する映画

「KILL BILL」のテーマは 元々

布袋主演映画「新・仁義なき戦い。」

テーマ曲として作られたのですが

映画 新仁義なき戦い 出典:Amazon (2)
出典:Amazon

「KILL BILL」の監督

クレンティン・タランティーノが

気に入り この曲がキルビルの

メインテーマに採用され これが

世界的に知られるきかっけになりました。

映画キルビル画像 出典:Amazon (2)
出典:Amazon

(3)イギー・ポップとも共演&コメント

2012年からはロンドンへ移住し始め

ローリング・ストーンズの

ライブにゲスト出演したり

ロック界のレジェンド

「イギー・ポップ」とも共演を果します。

イギーポップ画像 出典:www.excite.co.jp (2)
出典:www.excite.co.jp

イギー・ポップのコメントはこちら

布袋の音楽の姿勢は彼のプレイにしても
作曲にしてとにかくシンプルな
アイデアにこだわり
それが最高のものだと信じている
そこに迷いがないんだ…
でもそれはギタリストにとっては
試練であり最も難しい挑戦なんだよ

とレジェンドからの布袋さんの音楽に対する

思いについてコメントがありました。

布袋寅泰からのコメント

布袋さんがこのマトメを見てコメントしていました。

布袋の画像 出典:hotei.com (3)
出典:hotei.com

布袋寅泰さんからのコメント

35年間いろいろなことがありました。
印象に残っていることは
BOOWYという仲間との出会いや
デビットボーイとの共演
そしてストーンズと共演では
自分が14歳でギターを始めた頃には
思いもしなかったことが実現したということ。
これもギタリストだからこそ
こうやっていろんな方々とコラボできた。
ギターを選んでよかったなと思う。

そしてロンドンの様子にも触れ…

ロンドンに拠点を移してから変わったことは

ロンドンのスローペースな生活リズム

にだんだん慣れてきたということ。

時々ロンドンの布袋邸の庭にはロンドンだけど

自然が多いのでキツネが出るそうですよ。

なんだかとってもいい環境のようです。

スッキリでは映画「KILL BILL」

テーマの最新バージョンを生パフォーマンスしました。

この曲です。

【Battle Without Honor or Humanity】



出典:HOTEI Official You Tube Channel

※Youtubeは公式動画のものでです。

スポンサードリンク

布袋寅泰の初のフリーライブのお知らせ

布袋寅泰の初のフリーライブのお知らせです。

「8Beatのシルエット【BEAT3】
~Power of Music~FREE LIVE!自由の音を聴け」
7月3日(日)群馬県高崎市もてなし広場


地元を盛り上げるため開催するそうです。

布袋寅泰全国ツアースケジュール

布袋寅泰 全国ツアースケジュール

【BEAT7】 Maximum Emotion Tour
~The Best for the future~
全国24カ所26公演スケジュール


●9月3日(土)サンシティ超谷市民ホール(埼玉)

●9月4日(日)神奈川県民ホール大ホール(神奈川)

●9月10日(土)千葉県文化会館(千葉)

●9月11日(日)那須塩原市黒磯文化会館大ホール(栃木)

●9月22日(木・祝)静岡市民文化会館大ホール(静岡)

●9月25日(日)名古屋国際会議場センチュリーホール(愛知)

●9月29日(木)ベイシア文化ホール大ホール(群馬)

●10月1日(土)フェスティバルホール(大阪)

●10月2日(日)フェスティバルホール(大阪)

●10月8日(土)倉敷市民会館(岡山)

●10月10日(月・祝)サンポートホール高松(香川)

●10月29日(土)神戸国際会館こくさいホール(兵庫)

●10月30日(日)本多の森ホール(石川)

●11月1日(火)広島JMS明日テールプラザ大ホール(広島)

●11月3日(木・祝)福岡サンパレス(福岡)

●11月5日(土)延岡総合文化センター(宮崎)

●11月6日(日)鹿児島・宝山ホール(鹿児島)

●11月9日(水)釧路市民文化会館大ホール(北海道)

●11月11日(金)ニトリ文化ホール(北海道)

●11月18日(金)南陽市文化会館大ホール(山形)

●11月20日(日)仙台プラザホール(宮城)

●11月23日(水・祝)相模女子大学グリーンホール(神奈川)

●11月25日(金)たつの市総合文化会館赤とんぼ文化ホール(兵庫)

●11月27日(日)長野サントミューゼ(長野)

●11月30日(水)NHKホール(東京)

●12月1日(木)NHKホール(東京)

※チケットは オフィシャルサイトを確認してください

関連記事 →氷室京介ラストライブ!めざましテレビがヒムロスファンに熱い思いを直撃!