スポンサーリンク

2016年7月21日のスッキリ

マニアが選ぶ感動の

「花火大会ベスト5」が紹介されていました。

全国で開かれる花火大会は

1000カ所以上といわれる中

様々な花火大会を鑑賞したという

花火マニアが感動したという

花火大会ベスト5を厳選しました。

気になる花火大会ランキングを

チェックしてみましょう。

第1位 NARITA花火大会:千葉県成田市



出典:hanavideo

【開催日】2016年10月15日(土)

【打ち上げ数】約1万発

【昨年の来場数】約12万人

【見どころ】

注目はラスト1分間で1,500発を

打ち上げる「NARITA黄金伝説」

花火の中で最も高いとされる金色の

花火を使用。

(金色と銀色の火薬のみを使用している)

第2位 海の大花火大会:新潟県柏崎市



出典:CrazyFujituka

【開催日】2016年7月26日(火)

【打ち上げ数】約15000発

【昨年の来場数】約22万人

【見どころ】

堤防1.5kmにわたり筒を設置し

尺玉100発を同時に打ち上げる花火大会。

迫力ある贅沢な演出が楽しめます。

第3位 赤川花火大会:山形県鶴岡市



出典:hiramu55bocaboca

【開催日】2016年8月20日(土)

【打ち上げ数】約12,000発

【昨年の来場数】約35万人

【見どころ】

日本最高峰のミュージックスターマイン

が打ち上げられる花火大会。

音楽に合わせて花火を

シンクロさせる演出は必見です。

おすすめはバラード曲。

曲のテンポがスローなバラードは

音と花火のタイミングを合わせるのが

難しいとのこと。

第4位 常総きぬ側花火大会:茨城県常総市



出典:AQUA Geo Graphic

【開催日】2016年8月11日(木)

【打ち上げ数】約1万発

【昨年の来場数】約10万人

【見どころ】

日本中からスゴ腕の花火師が集結する

ファイヤーアートコンテスト。

日本の花火師さんのプロ集団に加盟する

花火師さんが常総のためだけに花火玉を

作成し打ちあげる。

どんな花火があがるのわからない

見たことのない演出が披露される。

第5位 こうのす花火大会:埼玉県鴻巣市



出典:hiramu55bocaboca

【開催日時】2016年10月8日(土)

【打ち上げ数】約15,000発

【昨年の来場数】約60万人

【見どころ】

ギネス認定の4尺玉が

打ち上げられる花火大会。

通常の尺玉は直径30㎝だが

4尺玉の直径は105㎝・重さは464g。

2014年に世界一重い花火として

ギネス認定されている。

上空で4尺玉花火が開いたときの直径は

750mの大きさで東京スカイツリーより大きい。

花火が発射された瞬間は会場の地面が震える。