スポンサーリンク

藤原竜也主演のドラマ「そして誰もいなくなった」

9月11日(9話)に最終回を迎えました。

毎回 話の展開にハラハラドキドキ

という感じで推理せずにはいられないこのドラマ…

特に 謎のバーテンダー・日下瑛士役の

伊野尾慧(Hey!Say!JUMP)くんが 驚きの行動をするは

気になり目が離せません!

ということで 最終話の

感想をまとめてみたいと思います。

Sponsored Link

そして誰もいなくなった 9話あらすじ(ネタバレ)

新一(藤原竜也)の背後に 車いすから立ち上がり
ナイフを持った万紀子(黒木瞳)が遅いかかる。
新一が驚いて振り向くと、万紀子はその場に崩れ落ちた。
その時一本の電話がかかってきて 電話口から聞こえたのは
「どう?殺した?」と日下(伊野尾慧)の声が…

とある古い日本家屋へと万紀子に連れてこられた新一。
そこには一人で待つ 日下がいた。
「全部 君が仕組んだのか?」と新一が問う。
そして日下は
「さすがに俺一人じゃない。一人じゃ全部は無理でじょ。」
と答える。

日下の目的は一体なんなのか? そして死んでしまった新一の
周りの人間たちはなぜ新一を破滅へと陥れようとしたのか…

信じていた仲間に裏切られ続け 日下の口からも思いもよらない
言葉を浴びせられ 新一は怒り狂って 日下の挑発に思わず
ナイフを振り上げる…

 

果たして藤堂新一の決断はいかに…

そして黒幕は 誰…?

Sponsored Link

感想まとめ

日下瑛士の演技すごかったですね~

感想まとめました。

日下くんは。 優しかったよね。 最初は。
でもだんだん 悪魔になってきた。
瑛治は…. 瑛治は…. 死んじゃったんだ。
愛するお母さんと 大切にしてた新一くんのため。
ほんとは殺して欲しかったのかな。そうじゃないのかな。
瑛治は…. 新一くんのこと好きだったと思うよ?

日下くん優しすぎる 母親に裏切られたのに
シャツかけとくとか… 母親の愛情がほしかっただけなのにね

日下瑛治みたいな ブラックすぎる役好きだし
最終回に狂いまくるとか こんなに面白いドラマ久しぶり
やっぱり日下くんが犯人なんですね。
伊野ちゃん演技うますぎだよ

日下瑛治という大役本当にお疲れ様でした。
初めは脇役と思ってたけど後半になるにつれて
重要人物へと変わっていって最後には…
展開分からへんしずっとドキドキしながら見てました

そし誰最終回。 終わった寂しい…..
1役で何役分も持ち合わせてる 日下瑛治を見事に演じきり
お見事でした!演技力にも磨きがかかって素晴らしかった

日下くん ただのバーテンダーだと思ってたら
こんなにすごい役だったとは…。
伊野尾くん上手だったしこれから俳優のお仕事たくさん来そう

面白かった。死んじゃった人多いけど
ハッピーエンドって言えるのかな?新一が普通の日常に戻れて良かった

Sponsored Link


関連記事 →日下役の伊野尾慧が「そして誰もいなくなった」でキス寸止めし大反響!