スポンサーリンク

2016年5月13日

ZipのSHOWBIZ BRAVO!

aikoさんが切なくて素敵な

ラブソングを作り続ける理由と

恋愛観を語ってくれました。

ラブソングを作るときの

感性あふれる捉え方や恋愛観が

独自でとても びっくりしました~

女性に大人気のaikoさんですが

こんなにもたくさんのラブソングを

どうやって作っているのでしょう?

ということで

aiko流の日常の出来事から作る

驚きのラブソング作詞法の

秘話をまとめたいと思います。

aiko 出典:musicman-net (2)
出典:musicman-net

日常の出来事から作る驚きの作詞法とは

今までリリースした曲すべてが

ラブソングというaikoさんですが

その作詞法がとても独自でビックリしました。

自身の実体験が歌詞になっていると

いうことですが 恋愛とは一切関係のない

日常の出来事を実体験の恋愛に重ね合わせて

歌詞を作ることが多いそうですよ。

「アンドロメダ」は疲れ目がきっかけで作った



出典:aiko official Youtube

アンドロメダ(2003年リリース)

交差点で君が立っていても
もう今は見つけられないかもしれない…
君の優しい茶色い流れる髪にも
気づかないほど涙にかすんでさらに
見えなくなる全て…

アンドロメダ誕生秘話では

視力がいいaikoさんがある日

疲れ目で回りがぼやけて見にくくなった時に

こうやって大事な人の心の中も

見落としていたのかもしれない…

と感じたそうです。

そんな思いから

ヒントを得て好きな人の本当の気持ちが

見えなくなるかもという不安を

感じ歌詞にしたそうです。

そんな状況をうまく恋愛と重ね合わせ

出来た曲が「アンドロメダ」でした。

「もっと」は観葉植物からヒントを得た



出典:aiko officialYouTube

もっと(2016年)

…摘んで僕だけのものにしたくって
ちぎったところから黒くなって
僕の前から消えた 君の心が消えた
あたしはね あなたのことが好きなんだよ…

「もっと」という曲は素敵なラブソングですが

この曲は自宅で育てている観葉植物から

ヒントを得て作った曲だそうです。

aiko 観葉植物 出典:pakutaso (2)
出典:pakutaso

観葉植物からどうやって?ということですが…

例えば 観葉植物の葉っぱを

ちょっとちぎったりすると

そこから腐っていってダメになる…

そういうところが

すごい恋愛と一緒と思ったそうです。

恋愛の場合 もっともっと相手を

自分の思いどおりにしたいと思うと

相手の気持ちが植物のように枯れていって

しまうんだなって…

そんな状況をaiko流の感性で

恋愛と重ねて作った曲だそうです。

「初恋」はaiko独自の恋愛感覚で作った



出典:aiko officialYouTube

初恋 (2001年)

…まばたきするのが惜しいな
今日もあなた
を見つめるのに忙しい
胸をつく想いは絶えず絶えず絶えず
あたしはこれからもきっとあなたに焦がれる…

aiko さんが恋愛に関するある感覚を

歌詞にしたのが「初恋」(2001年)

タイトルは初恋ですが 人を好きになった

瞬間はいつも初めてという気持ちや

人に好きになった最初に感じる不安を

歌詞にしたそうですよ。

日常生活が感性に溢れているから
こんな素敵なラブソングをたくさん
作れるんですね~
ラブソング1曲1曲に込められた
秘話がとても興味深くて
また違った視点でaikoの曲を楽しめそうです!