スポンサーリンク

バレンタインに 気になるカレや 今つき合っている彼氏に

チョコレートをプレゼントしたら次に気になるのが

ホワイトデーのお返し・・・

バレンタインで彼女は 一生懸命チョコを渡したけど

ホワイトデーに何もなし!・・・っていうケースよくあるようです。

しばしば 彼女側からは
「返さないのは どうでもいいってこと?」と考えてしまうこともありますね。

この「お返しがない」っていうのは どういう意味なのでしょうか?

アンケート調査の結果も交えてチェックしたいと思います。



Sponsored Link

彼女がお返しを期待する理由は?

そもそもバレンタインに女性がチョコを
渡しそのお返しで彼がホワイトデーに
お菓子などをあげるというのが一般的にですが・・・

 

これ日本だけ(最近はアジアの一部もあり)の
やり方のようですね。

 

百貨店などがしかけた商戦で バレンタインチョコと
ホワイトデーがセットで考えられているような気がします。

 

こういう流れがあると 自然とチョコをあげたらお返しを
期待する感じがでてくるのかもしれません。

 

バレンタインでは女性は力を入れますが 男性にとって
ホワイトデーはバレンタインデーほど重きをおいていないようです。

 

バレンタインとホワイトデーの男女の捉え方に温度差が
あるのもアンケート結果からわかります。

 

★ホワイトデーお菓子

ホワイトデーにお返しする?アンケート結果

(ドゥ・ハウス調べ)

●ホワイトデーには何もしない(51%)

●ホワイトデーは面倒な日   (8%)

●できればないほうがいい日   (7%)

●貴重な感謝の気持ちを伝える日 (21%)

 

あくまでもアンケート結果ですが 大多数の男性は
そこまでホワイトデーを重要な日と捉えてないように
思えますね。

 

また お返しをする率を調べると・・・

 

●約75%の男性 → お返ししない

●約25%の男性 → 何かプレゼントを贈った

 

とあります。
アンケートで参考ではありますがチョコレートをあげても
お返ししてくれる率が少ないんですね。

 

Sponsored Link

結果として

女性はチョコを渡すとき そこまでホワイトデーの
お返しに意味があると捉えなくてもいいのかもしれません。

 

もちろん いろいろとケースがありますが大多数が
ホワイトデーに重きを置いていないので女性側も
そういった部分を念頭において行動したら
お返しがなかったとき気分が多少楽かもしれません。

 

まとめ

★バレンタインとホワイトデーでは
男女で捉え方の温度差がある

★男性にとって ホワイトデーは
それほど重要に捉えてない

Sponsored Link