スポンサーリンク

★ホワイトデーカード②
バレンタインに女性からチョコをもらったら 男性はお返しをするというのが

3月14日のホワイトデーですね。

この日は キャンディーやクッキー マシュマロ ケーキなどの

お菓子を贈るのが定番となっています。

本命チョコ 義理チョコといろいろありますが

バレンタインに気になるカレにチョコを渡したら お返しが気になる・・・

そして お返し=彼の気持ち?という意味・・・となるのですが

もしかしたら 意中の彼は他の人からもチョコをもらっているかもしれません・・・

気になりますね。

ということで まず1人がもらうチョコの数はどのくらいなのか調べてみました。

ホワイトデーのお菓子①

チョコはいくつもらっているの?


(アンケート・スマートアンサーより)

「チョコをもらった」という男性は全体の50% (※家族へのチョコは除く)
その中で

① 2~3人からチョコをもらった男性 (←ここの割合が最も多い)

② 1人からチョコをもらった男性

③ 4~5人からチョコをもらった男性

④ 6人以上からチョコをもらった男性 (←ここが最も多いのは10代)

という調査結果になります。

この結果から バレンタインは10代が最も関心が高いということになりますね。

そして年齢が20代30代と上がるにつれて チョコを渡す相手が

ひとり集中型にならない感じとなります。

10代では やはりモテる男子にチョコが集中する傾向があります。

そしてチョコを1つも もらえない人も出てきたりということもありで・・・

なかなか厳しい結果となります。

カレにチョコをあげたけど 他にも数人からもらっていたとしたら・・・

ホワイトデーのお返しは厳しいかもしれません。

★彼がハードを渡す

ライバルに差をつける


バレンタインのチョコを渡す前に カレが他に

どのくらいの人からもらうのかイメージしておくの大切です。

そして ライバルがいるなら ちょっと差をつけて 

●メッセージカードに印象づける言葉を書いてチョコと一緒に渡すとか

●好感があるチョコの渡し方をセッティングするとか

●チョコレートに差をつけるとか 

考えて渡すと お返しが期待できる確率も上がるかもしれません。

バレンタインにチョコを渡すと すぐホワイトデーになり

本命にチョコを渡した女子はホワイトデーまでの1カ月はドキドキです。

ライバルに差をつけて 気になる彼から

ホワイトデーのお返しをもらえるといいですね。


まとめ


♥ホワイトデーにお返しをする男性は世代全体で50%

♥1人の男性が集中してチョコをもらう数は10代が一番多い