スポンサーリンク

トランプ写真 (2)
アメリカ大統領選スーパーチューズデイを終えたアメリカ。 

問題発言が多い共和党ドナルドトランプ氏ですが

結果は11州のうち7州に勝利と指名獲得に一歩近づき

徐々に現実味を帯びて参りましたね。

このままトランプ氏の独走状態が続くのでしょうか?

気になりますね。

まずは今回のスーパーチューズデイの結果です。

2016.3/1
共和党 トランプ氏 → 11州のうち7州に勝利
    クルーズ氏 → 11州のうち3州に勝利
    ルビオ氏  → 11州のうち1州の勝利
民主党 クリントン氏 → 11州のうち7州に勝利
    サンダーズ氏 → 11州のうち4州に勝利

多くの問題発言で注目を集めていますトランプ氏ですが

このまま勢いに乗っていきそうな気がしますね…。

トランプ氏が本当に大統領になる可能性はあるのでしょうか?

日本への影響も気になりますね。

3/1はスーパーチューズデイということでテレビでも

特集で何度も放送されていました。

しかしなぜトランプ氏はこれほどまでに問題発言を

するのでしょうか?

気になることをいろいろとまとめたいと思います。




トランプ氏の問題発言は戦略?


まずはトランプ氏の問題発言マトメです。

①【日本に対し批判:日米安保について2015.8.25】

もし日本が攻撃されたらアメリカはただちにかけつけなければ
ならない。しかしアメリカが攻撃されても日本は助ける必要はない。
こんな取り決めだ。




②【日本に対し批判:円安誘導について2016.1.14】

日本があまりにも円安誘導するので私の友人は値段が高い
キャタピラー社ではなくて日本製のトラクターを買っています。
それは許されるべきではない。


(=円安によって日本製品に手が届きやすくなったので
アメリカ製品が売れないということ)

③【中国に対し批判 : 習近平訪米2015.8.24】

習近平氏がしたことは我々の職や金を奪うことだ。
私なら晩餐会は開かない。ハンバーガーをくれてやる。




④【メキシコ移民に対し批判 : 2015.11と2016.2.20】

我々は法治国家だから国境が必要だ。壁を作ったらいい。
 不法移民を妨げるではないか。


国境に壁を作ろう。金を出すのは?(誰?)




⑤【イスラム教徒に対し批判:2015.12.2】

 アメリカの指導者が一体何が起きているのか理解
 できるようになるまでイスラム教徒のアメリカへの
 入国を全面禁止するよう求める。





とかなり過激な内容となっております。

これらの問題発言ですがよく見ると…

アメリカ国内の問題を外国のせいにしているようにも見えますね。

こういうやり方ってどこの国でもありがちで

摩擦の熱を作っておいて自分たちが上がる

敵を作って内側をしめていく 

一つの政治のやり方のようです。




共和党内が分裂している!


トランプ氏の問題発言を良く思わない共和党員もいるようです。

アメリカ国旗 (2)
スーパーチューズデイの最中
「ウォールストリートジャーナル(電子版)」にて

共和党はトランプの差別的な言動を支持すべきではない


と訴えています。

このままでいくとトランプ氏に共和党が乗っ取られて

しまう危機感や党のダメージも心配しているようです。

今 共和党内は混乱していて異例続きの大統領選となっています。

スーパーチューズデイは終えましたが今後の候補者選びが

先の見えない状況のように感じますね。

しかし共和党は大富豪で総資産5000億円(日本円で)の

トランプ氏を止められるのでしょうか?

次はミニスーパーチューズデイです。

3/15 に行われる予備選挙の行方を追っていきましょう!


関連記事 →トランプ氏が大統領になるのを阻止!トランプ降ろし始まる